食紅の赤

アクセスカウンタ

zoom RSS Sericania 目次

<<   作成日時 : 2013/06/19 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 7

僕が採集したチャイロコガネ属


自分で採集したSericaniaを少しずつ まとめてみようと思います
※このページは随時更新いたします

クロチャイロコガネ
シコクチャイロコガネ
キラチャイロコガネ
ヤマウチチャイロコガネ
アワチャイロコガネ
オオタケチャイロコガネ
クロスジチャイロコガネ 本州・四国亜種

同定には主に下の二冊の本を読んで勉強中です
KOGANE Supplement2(山屋茂人・村本理恵子・小林裕和・藤岡昌介/コガネムシ研究会発行)
日本産コガネムシ上科図説 第3巻 食葉郡
(小林裕和・松本武共著/コガネムシ研究会監修/昆虫文献 六本脚発行)
興味のある方は、ぜひ購入して読んで下さい

2013年のSericania採集


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いいページができましたね。
更新を楽しみにしています!!
マルマグソ
2013/06/19 15:38
マルマグソさん
公開するとなると、慎重に同定しますから
すごく勉強になります。
PA-マン
2013/06/19 20:01
天狗のイツツバは雌雄とっているようです。
更に大型の♀が1頭います。写真を見てもらいたいのですが、私のカメラではPA−マンさんのようなきれいな写真を撮ることは不可能です。
素老人
2013/06/19 20:46
素老人さん
僕は幕では雌雄とも採れてなかったです。
ライト付きFITでオスのみ採れてました。
前回の石鎚で水銀灯が点灯しなくなりまして、
しばらく林内でやろうかと思ってます。
PA-マン
2013/06/20 03:46
訂正です。
イツツバの雌と思っていたのは、触角が少しイツツバより短かかったので雌かと思いましたが、よく見ると触角片状数がイツツバ4.5に対し、4しか有りませんので、どうもクロチャイロの雄のようです。
更に大型の雌と書いたのがイツツバの雌と思います。
素老人
2013/06/20 05:39
素老人さん
天狗の片状部が4の♂は、昨年僕が同定できずに小林さんに見て頂いた個体と同じで、この個体はイツツバの変異の幅に含まれるとの連絡を頂きました。
イツツバは触覚や交尾器に変異がありますので、腹板の毛、前胸背板の形、後腿節の点刻と毛、を見れば四国産の他のSericaniaと区別しやすいと思います。
PA-マン
2013/06/20 14:53
素老人さん
天狗高原の黒いSericaniaがイツツバであると良いですね。似た種はシコクチャイロとクロチャイロになりますが、この2種との区別だけなら、腹板の毛の配列だけ見ればイツツバであるのか確認できます。
マルマグソ
2013/06/21 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sericania 目次 食紅の赤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる