食紅の赤

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐田岬(2)

<<   作成日時 : 2014/04/14 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月24日

前回の反省点は、標高ばかり気にして、湿気のある場所を探さなかった事ですね
特に Sericania は、川沿いの林で灯火をやると採れたりしますから
なので今回、開けた場所ではなく、林内を狙ってみました
でも風が強くて寒いんです、今日もまた採れる気がしない

灯火採集の白幕の傍から、Sericaniaに詳しい望月さんに電話をしたところ
過去に採集された1♀の記録は、望月さんのライトFITによるものだそうで
山の中間くらいの高さの場所で採集したそうです
「山の上のほうはどうでしょう?」という質問をしたところ
「上のほうは乾燥しすぎてるので、ライトFITは掛けなかった」と教えて頂きました
いやー、勉強になりました

乾燥か…、でも羽毛トラップには良いかも知れないと思い
あらかじめ用意していた羽毛を、山の上のほうに埋めてみました
次が楽しみです

今回もコガネは1頭も来ず
このまま帰るのもシンドイので、とりあえず車の中で寝て
翌朝に佐田岬灯台を観に行きました

灯台駐車場まで車で移動
小雨の降る中、灯台までの片道1800mを歩く

画像
最初は下り坂が多い

画像
キャンプ場がありました

画像
こんな景色を見ながら登ったり下ったり


日本でもっとも細長い半島(約50km)の先端に位置する佐田岬は
昭和31年5月に瀬戸内海国立公園として指定されました
岸壁にそびえる白亜の灯台、佐賀関、鳴門海峡に匹敵する
豊予海峡(速吸の瀬戸)、一本釣り漁船、海士
自然の地形を利用したイセエビ、アワビの蓄養場、椿山からの眺めなど
ゆっくり歩いて海の国立公園の景観を楽しんだ

上に書いたことは、わざわざ調べたんじゃなく
案内板にそう書いてありましたので…(笑)
                   ↓↓
画像
途中にある椿山の入り口案内

画像
展望台
休憩すると気持ちのいい広場です

画像
灯台までもう少し

画像
中央に見える陸は高島
その右は大分市、左は臼杵市



          だそうです… ↓↓
画像


小雨が降ってるくらいなので、ちょっとボンヤリです
でも四国から九州が見えるのなんて、やっぱり感動しますね

画像
オオキンカメムシの死骸


画像
佐田岬灯台
もっと近づいていいのかな?関係者以外立ち入り禁止とかじゃないのかな?

画像
階段、登っていいみたいです

画像
蓄養場が見えます

画像


画像


画像
これ灯台ですよね?なんだったっけ…?なんだか懐かしいです

画像
小学校の給食室を思い出しました!

しばらく四国の端っこを堪能し、また駐車場までの戻り1800mを歩くと
みかんを売るおばちゃんに会った
画像
なんとデコポン10個で千円!
高い!でもノリで買っちゃうんですね〜(笑)

画像
明るい時間帯に、もう一度 山を見ておこうと思い
昨夜に行った山の周辺をチェック!
次に来る時のための場所探しをしました

画像
野坂神社
佐田岬の海の安全を守ってくれている神様

画像
道の駅 瀬戸農業公園
ここでもみかんを買いました

画像
清美タンゴール デコポン 甘夏
全部で400円!安い!

画像
れすとらん風車

画像
刺身定食 1380円 うまい!

画像
コーヒーはいくらだったか忘れた

帰りの車の中で、デコポン3個たべました
車内がイイ香りで幸せでした

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やってますね。こっちは、ヘトヘトです。今週の金曜の夜は、雲辺寺山麓の街灯と自動販売機を回りながら、帰宅します。
青春光夫
2014/04/14 22:28
青春光夫さんは、年度の変わり目で特に忙しそうですね。
面白そうな虫を見つけたら報告たのしみにしております♪5月に高知で会うのも楽しみです。
PA-マン
2014/04/14 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐田岬(2) 食紅の赤/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる